Archives by date

You are browsing the site archives by date.

燕子花礼賛

燕子花礼賛

「尾形光琳の燕子花展」 根津美術館。 薫風の夕暮れ光琳はクリムトにも影響を与えたと確信。 しかしながら以前の根津さんなら燕子花の傍らには応挙の『藤花図屏風』が展示されていたものですが、それがなくて残念。外人さんの多さにも […]

お帰りなさい。現美!

お帰りなさい。現美!

東京都現代美術館リニューアル・オープン記念展「百年の編み手たち〜流動する日本の近現代美術〜」 「ただいま/はじめまして」のキャッチコピーが親近感を感じさせる3年ぶりのお披露目会。大正時代から現在まで100年の、それぞれの […]

DSC_1370

クリムトの真実

今年は日本とウィーン友好150年のメモリアル・イヤーで、都内でも2館でクリムト展が開催されています。 長野からクリムトファンの友人が来て、都美館へ。過去最大級と謳った展覧会の内容は、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館の作 […]

装うことの意味

装うことの意味

「画中のよそおい」栃木県立美術館。 訪ねると身をおくとほっとする美術館。いくつかあるなかのひとつです。 最近、いつも素晴らしいと思うのは企画力。手を変え品を変え、所蔵品をさまざまな角度から見せてくれます。HPもオシャレに […]

DSC_1323

北欧の陶の魅力

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」東京ステーションギャラリー。 フィンランドを代表するセラミック・アーティストの日本初個展。まったく未知の作家でしたが、素晴らしい内容に満足。 初期の可愛らしい絵付けが施された陶板や、色彩豊 […]

DSC_1315

美しいものと暮らす喜び

「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」横浜 そごう美術館。 「役に立つかわからないもの、あるいは美しいと思えないものを家の中に置いてはならない」モリスの言葉。なみなみならぬインテリアへのこだわりを感じますが、その美しい空間 […]

絵画のような写真

絵画のような写真

表参道にあるGallery5610で 7人の写真家による写真展「STILL PLUS photo exhibition」がはじまり、 本日オープニング・レセプション。 世代の違う7人の写真家は、それぞれの対象のモノに真摯 […]

運命の女たち

運命の女たち

「ギュスターヴ・モロー展」〜サロメと宿命の女たち〜パナソニック・汐留ミュージアム。 20日14時からの講演会に参加。講師は成城大学教授の喜多崎親氏で、サロメについて特に深く掘り起こされた内容でした。 洗礼者ヨハネの首の幻 […]