Simple is Beautiful

「シンプルなかたち展 美はどこからくるのか」森美術館。

かつて建築家 ブルーノ・タウトは桂離宮の簡素さを絶賛し、東照宮の華美な装飾を否定しました。一概にそんなことは言えないと思いますが、簡素=シンプルとは、人の心に訴えかける多大な美の力を持っていることは否めません。

「シンプルなかたち」の美学は、19世紀から20世紀にかけて、ヨーロッパでは数学、機械工学、生物学、地質学や考古学の探求の中で再認識され、工業製品や建築のデザインなどに多大な影響を与え、同様に、その品格ある魅力は多くのアーティスト達を魅了し、近代美術の多数の名作を生み出しました。

今回、単純で美しい「シンプルなかたち」約130点が古今東西から集結。

それらを9つのセクションで構成し、そのなかには、日本の侘茶の礎となる長次郎の黒楽茶碗や仙厓和尚の円相がセレクトされ、奥行きの広さを感じさせます。

印象的だったのは、オラファー・エリアソンの『丸い虹』、マティスの『ジャズ』、ブランクーシの『空間の鳥』、など。

帰り道、「シンプルなかたち」が持つ普遍的な美を、改めて身の廻りから見つけてみたくなりました。

250705

5 responses to “Simple is Beautiful”

  1. Estrefrendub

    Dpbxyy sgswfc lasix generic Generic viagra online

  2. Estrefrendub

    Knpern evktzu furosemida 40 mg Buy viagra online cheap

  3. Buy viagra canada

    Fxstsi eysced quicken loans big fish casino online

  4. Buy cheap viagra internet

    Vcviha jpgybw quicken loans bad credit installment loans

  5. kayfkuoqvh

    Muchas gracias. ?Como puedo iniciar sesion?

Leave a Reply