京の寺町通りで

「柄澤 齊展〜水の法 火の法〜」京都・宮脇画廊。

柄澤齊氏の8年振りの京都での個展です。

モダンと京情緒が見事に調和した寺町通りにあるギャラリー宮脇。お茶の一保堂さんが目印でしたが、途中には洋菓子の老舗「村上開新堂」さん、木版画の「版元芸艸堂」、漆の「象彦」などランドマークになる老舗が多々あり、文化の香り漂うストリートに、まず感動。

木口木版画の第一人者・柄澤さんが、近年は銅版画に挑戦したり、絵画にも取り組んでいらっしゃいます。また、染織家の志村ふくみ・洋子さんとの関わりも深くなられているご様子。

『水の法 火の法』と題された今回は、自然の囁きに耳を澄ませ、その狂気をどう見据えるかといった暗示を孕みながら、過去の作品とパラレルしながら、前進した何かを感じる内容。

破壊と芽吹きを約束する神話的オマージュを軸にした新作のその技法は独自のもので、版表現とも近接なモノタイプやコラージュを多用しながら、和紙に墨をぼかしたり、流したり、また細密な描画を加えたり、「描かれなかった物語」の一場面を絵画世界に展開されています。

数年前、銀座のシロタ画廊での個展に並んでいた美しい作品『柳』も、螺旋階段の途中に展示され、作品を所持される志村ふくみさんのメッセージも添えられていました。リルケを描かれたその作品は、小品ながら、はかりしれない夢幻な世界を表現した、甘く切ない情感を漂わせた作品。風にゆれる柳と、詩人の衣が微かに揺れているのまで感じられます。

7月5日に洋子さんとの対談もおありになるようで、染織と版画のコラボレーションがどんな化学反応を生むのか、さらに今後が気になっています。今回も、紬とコラボレーションされた作品が1点あり、妙なる響きを奏でていました。

 

やらずの雨ならぬ、帰れない雨に、ずっとギャラリーで宮脇氏とお喋りをしておりましたが、ついに閉館時間になり諦めて雨の中へ。白足袋を履き替え・・・それでも無事にホテルに戻れ、一息入れたのち、またムギさんの作品を眺めておりました。

050721

3 responses to “京の寺町通りで”

  1. Estrefrendub

    Irdmmt vypoea furosemide Buy discount viagra

  2. Brand viagra

    Hyzvbh ywvvid same day cash loans casino online slots

  3. Buy viagra no prescription required

    Gqrdor xreouf cash advance loans bad credit personal loans

Leave a Reply