少年になりたかった頃

「トムボーイ」銀座・エルメス ステュディオ。

フランスのある街に引っ越してきた家族。両親とふたりの子どものうち、ショートヘアは長男か長女か、そこがあやふやなまま、ストーリーは進んでゆく。少年らしき美しい子どもは、同じアパルトマンに住む少女と知り合い、意気投合し、少女は少年に淡い恋心も抱いてしまう。

やがて、入浴シーンで少年が少女でないことが分かる。しかし、少女は一歩外に出ると、少年を演じ続ける。

彼女は他の少年たちよりサッカーもうまいし、泳ぎも得意。半ズボンも水泳パンツも似合っている。しかし、少女の母親によって自然に真実は明かされ、ぎこちなくも子どもたちはそれを受け入れる・・・

思春期、私たちも自分を「ぼく」と言ってみたり、わざとボーイッシュに装ったりしたものでした。それは女になることへの抵抗、もしくは美しい少年への憧れ・・・

映画はフランスで大ヒットを記録したそうですが、揺れ動く子どもの心は、世界共通なのかもしれません。

140621

5 responses to “少年になりたかった頃”

  1. Estrefrendub

    Xaauyr qhqpwt furosemida Canadian healthcare viagra

  2. Estrefrendub

    Yczmov xmmcsf furosemide 100mg Canadain viagra

  3. Estrefrendub

    Wumzea nxokcg lasix tablet Buy viagra from canada

  4. Brand viagra professional

    Uixbks ndrbyd bad credit personal loans gambling casino online

  5. Buy viagra

    Ggufjs mrdubj bad credit installment loans cash advance

Leave a Reply