キラキラした日常のかけら

「FRAGMENTS-未完のはじまり」現美。

日本の若手作家による新しい現代美術の動向を紹介することを目的に、1999年よりスタートした展覧会。1999年より観ている者としては、ずっと変わらない姿勢、変わる視点にワクワクするもの。

「フラグメント」とは、断片、かけらの意。日常のかけらを使い、作家たちは表現を起こします。6組の作家は、それぞれに選択した「断片」で世界を捉え直そうとします。

ガラスビンに自らの痕跡を残す青田真也、プラレールでインスタレーションをするパラモデル、トランプや消しゴムに緻密な細工を施す福田尚代など、いずれもイマジネーション豊かな作品ばかり・・・。

昔、絞って乾いた雑巾をアートにした作品を観て以来、ずっと洗濯槽の袋にたまる綿ゴミに美を見いだし、もしくは中身が気化したパラゾールの袋をアートにしたいと考え続けている私ですが、いつかどこかで発表する機会を狙っています。

140511

3 responses to “キラキラした日常のかけら”

  1. Estrefrendub

    Gkgicl jquawt lasix 40 mg Viagra in usa

  2. Viagra mail order usa

    Vrxiev uotfcw payday loans no credit check vegas casino online

  3. Order viagra us

    Edfczj vzdfuk online loan installment loans online

Leave a Reply