春の弥生のこの佳き日

春の弥生のこの佳き日、何より嬉しい雛祭り♪

幼い日には祖母と飾り、大人になってからは父と出していたお雛様。

一つひとつの箱を開け、包みをほどいてお人形と顔をまじえ、無事を確認。ちょっと癖がついた髪を撫で。着物にまとわる紐の房をのばし、段の上に飾っていく楽しさ・・・いくつになっても心ときめくひとときです。

いつの間にか失くなっていってしまったお道具を、買い求めようと考えつつ、思い切って自分で手作りしてみました。何年か前、内裏雛の冠の瓔珞をジュエリーデザイナーの友人が綺麗に直してくれましたが、花瓶の花、三人官女の冠、五人囃子の撥など、自分で工夫して造るといっそう雛たちがいとおしくなるのでした。椿の香袋も飾り、桃の花を生け、雛霰を盛り、今月いっぱいは飾っておきたい気分です。

140303

4 responses to “春の弥生のこの佳き日”

  1. Estrefrendub

    Rebcyg afqlcz furosemida Viagra pfizer

  2. Estrefrendub

    Kzxovr lrjfll lasix 40 mg Approved viagra pharmacy

  3. Viagra overnight shipping

    Yicpld ctiodt best payday loans casino moons online casino

  4. Viagra 50 mg

    Czbmoc sjkhte installment payday loans loans online

Leave a Reply