Archives by date

You are browsing the site archives by date.

美に境なし

美に境なし

ギャラリー無境さんが閉廊され、もう4ヶ月が経ちます。先日、柿傳のお茶会でおめもじした花井幸子先生が、工事中の無境に出向き「跡は何になるの?」と尋ねたけど分からなかったわ、とおっしゃっておられました。 塚田晴可氏が急逝され […]

学びの動物

学びの動物

藝大美術館の「コレクション展」。こちらは2部構成で開催され、Part1は朝倉文夫彫塑館所蔵、Part2は藝大コレクション~動物を中心に~。 谷中にある朝倉彫塑館は、昨年から耐震修復工事で休館中。以前、朝倉彫塑館が台東区に […]

モリムラマジック・天上の父へ

モリムラマジック・天上の父へ

東京都写真美術館「森村泰昌・なにものかへのレクイエム 戦場の頂上の藝術」。 森村氏の特別ファンではないのですが、なんとなく一連の作品は拝見して参りました。が、今回はなかなかヘビィなテーマ。 80年代、最初にセザンヌの林檎 […]

青空の向こうにあった真実

青空の向こうにあった真実

日光から浅草へ向かう東武線の車両のなかでカリフォルニアからの旅行者の女性と相席になりました。ご家族で大阪、京都、奈良から熱海、日光と、春の日本を満喫し、きょう東京プリンスに一泊して明日カリフォルニアへ帰られるのだとか。特 […]

画家の心に遊び禅僧の精神を感じる

画家の心に遊び禅僧の精神を感じる

先週ロンドンギャラリーの田島氏にご拝眉した折、根津美術館と日本民芸館を見に行くよう御託宣を賜りました。 そこで早速本日、お天気もよいことで根津の「胸中の山水・魂の書」展へ。 中世美術の精髄とされる水墨画や墨跡は、 内に秘 […]

松方Collection誕生外伝

松方Collection誕生外伝

国立西洋美術館の「フランク・ブラングィン展」。 実はフランク・ブラングィンの名を知ったのは今回はじめて。画家、壁面装飾家、工芸デザイナー、建築・空間デザイナー、版画家、コレクター。多彩な顔を持つ、ベルギー生まれの英国を代 […]

光を巻き込むふぉるむ

光を巻き込むふぉるむ

銀座のギャラリー中長小西にて「猪倉高志展 -かげを纏うかたち-」。 猪倉氏は岐阜県土岐市在住の陶芸家で、作品は大丸ミュージアムの日本陶芸展で拝見した記憶がありますが、今回、なんと東京初個展。 なめらかで玲瓏な純白の肌、卓 […]

さくら・追想

さくら・追想

今年は満開になってから東京はきれいに晴れ上がる日がなく、ちょっと櫻が可哀想です。既に落花のころとなり、外苑西通りを歩いていても、どこからともなく花びらが舞い散り、まるで有元利夫さんの絵の中にいるよう・・・。 僅かな晴れ間 […]

見るART・買うART

見るART・買うART

東京国際FORUMにて、「東京ART FAIR 2010」が開催。 今年で5回目になるこのアートフェアは、国内外のギャラリーが100以上集結し、会場には所狭しと、古美術・工芸、日本画・近代洋画から現代アートまでの美術品が […]

はばたく陶器

はばたく陶器

本日、恒例「さくら茶会」のお手伝い。 先生のご自宅にて、お庭の櫻を愛でながらの参加無料の慈善茶会です。広間席とお寺の本堂を使った立礼席。先生が5年前に93歳で亡くなられた後、お嫁さんの企画ではじまり5回目。立ち上げのとき […]